Braze Innovation Statement

Last updated December 2018.

Braze continually strives to enhance existing, and create new, features, functionality, products and services. To do so, Braze not only seeks feedback from its customers, but also endeavors to anticipate its customers’ needs.

As part of its innovation strategy, Braze analyzes information contained in the Braze Services and how the Braze Services are used (e.g., analysis of User clicks and movements across the Dashboard), in order to provide and improve the Services, as well as to provide consultative and analytical information to its customers generally.

Braze also communicates with (Dashboard) Users to educate and inform them of ways to optimize their use of the Services and to share Braze’s innovation efforts. Braze may send emails to (Dashboard) Users or communicate with them through the Dashboard. Customers can also subscribe to Braze’s Github repositories to receive notifications when new releases are made.

Braze owns all right, title and interest in and to any material resulting from such activities.

最終更新日:2018年12月

Brazeでは、新たな創造につなぐため、既存の特性、機能、製品、サービスの強化に継続的に取り組んで います。お客様からのフィードバックを待つだけでなく、積極的にお客様のニーズを先取りする努力を 行っています。

Brazeでは、イノベーション戦略の一環として、Brazeサービスに含まれる情報のほか、Brazeサービスの 利用状況(ダッシュボードでのユーザーのクリック回数や動き状況)を分析し、サービスの提供・改善 を図るとともに、お客様へのコンサルティングや分析情報の提供を行っています。

また、(ダッシュボード)ユーザーとのコミュニケーションを通じて、本サービスを有効利用するため の情報を提供し、Brazeの革新的な取り組みを共有します。こうした取り組みの中で、(ダッシュボード )ユーザーにメールを送信、あるいはダッシュボードを介して通知させていただく場合があります。ま た、Githubリポジトリにご登録いただくと、新しいリリースの際にお知らせをお送りします。

こうした活動の結果生じたすべての情報・資材については、すべての権利、権限、利益をBrazeが留保す るものとします。

WAS THIS PAGE HELPFUL?
New Stuff!